MENU

ハニーココで乳がんになる可能性はあるの?

バストアップサプリメントの「ハニーココ」は、人気モデルが監修したという事で話題のサプリメントです。

 

ですが、最近、「ハニーココ」のようなサプリで乳がんの危険性が高まるという噂があります。

 

こう聞いてしまうと、飲むのが不安になってしまいますよね。

 

「ハニーココ」を飲むことで乳がんになってしまう恐れがあるのでしょうか。

 

 

これについては、「ハニーココ」自体に、乳がんにかかる危険性を高める心配はないという結果があります。

 

ただし、飲む量をしっかりと守り、過剰に飲まないことが前提です。

 

 

そもそも乳がんが発生する原因は何なのかというと、女性ホルモンのひとつである『エストロゲン』の量によるものなのです。

 

エストロゲンは、卵子の元となる卵胞の成長を促すために必要なホルモンで、これがなければ健康な卵子ができません。

 

女性が妊娠・出産をするために必要不可欠なホルモンなのです。

 

また、自律神経を整えたり、体温の調節や女性らしいボディラインを作るためにもはたらき、分泌が少ないと体の機能が上手く働かなくなるのです。

 

しかし、エストロゲンは乳がんの細胞を成長させてし今うという事実があります。

 

そのため、女性は誰でも乳がんになる危険性を持っているのです。

 

 

と言っても、エストロゲンの量が通常であれば問題はありません。

 

女性の体では、卵子が放出される=排卵が毎月行われます。

 

排卵が起こると、『プロゲステロン』が分泌されるようになり、逆にエストロゲンの分泌が減ります。

 

そのため、過剰にエストロゲンが分泌されないようにバランスが取れているのです。

 

バストアップサプリメントで乳がんが起こると言われるのは、エストロゲンの分泌を促す成分を補給するため、過剰に分泌されてしまうと考えられているためです。

 

こうしたサプリメントを飲むことで、これまでバランスが取れていたものを崩してしまうからなんです。

 

 

やっぱり、バストアップサプリは危険なんだ…と思ってしまうかもしれません。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

最初に言ったように、正しい量を飲むことでリスクから遠ざかることができるのです。

 

 

プエラリアは体内でエストロゲンの分泌を助けます。

 

そして、1日の摂取量の目安としては400mg程度とされています。

 

これ以上はホルモンバンスを崩してしまう可能性があるのです。

 

「ハニーココ」は1日あたり250mgのプエラリアを摂取します。

 

正しい量さえ守れば過剰摂取にはならない数字なので、乳がんの危険性を高めることもなく、安心して飲むことができるでしょう。

 

ただし、イソフラボンも体内でエストロゲンの分泌を助ける働きがあるので要注意。

 

「ハニーココ」を飲む以外に豆乳や豆腐、大豆製品を大量に食べるのはエストロゲンを過剰に分泌してしまう恐れがあり、とっても危険です。

 

豆乳ならコップ1杯程度にとどめて、ホルモンバランスを崩さないように気を付けましょう。

 

 

バストアップや女性らしいボディラインは誰でも憧れるものです。

 

でも、早く効果を得たいからと言ってたくさん飲むのが危険であることが、これで解るかとおもいます。

 

正しい量を飲み、体に悪い影響を与えないようにして、理想の体をゲットしていきましょう。

 

⇒ハニーココの公式サイトはこちら